What is JacketFlap

  • JacketFlap connects you to the work of more than 200,000 authors, illustrators, publishers and other creators of books for Children and Young Adults. The site is updated daily with information about every book, author, illustrator, and publisher in the children's / young adult book industry. Members include published authors and illustrators, librarians, agents, editors, publicists, booksellers, publishers and fans.
    Join now (it's free).

Sort Blog Posts

Sort Posts by:

  • in
    from   

Suggest a Blog

Enter a Blog's Feed URL below and click Submit:

Most Commented Posts

In the past 7 days

Recent Comments

Recently Viewed

MyJacketFlap Blogs

  • Login or Register for free to create your own customized page of blog posts from your favorite blogs. You can also add blogs by clicking the "Add to MyJacketFlap" links next to the blog name in each post.

Blog Posts by Tag

In the past 30 days

Blog Posts by Date

Click days in this calendar to see posts by day or month
new posts in all blogs
Viewing Blog: ThePublishingSpot, Most Recent at Top
Results 1 - 25 of 1,020
Visit This Blog | Login to Add to MyJacketFlap
Blog Banner
ThePublishingSpot is a writing resource built on a simple premise: with blogging, podcasting, and web publications, there has never been a better time for writers to find their audiences.
Statistics for ThePublishingSpot

Number of Readers that added this blog to their MyJacketFlap: 20
1. 脱毛で毛が薄くなる!

シェービングだけ何度繰り返しても、脱毛で薄くなることはありません。シェービングとは肌表面のムダ毛を剃るだけであり、毛根から抜くわけではないのです。処理しても翌日になればザラザラしてきて、特にヒゲは青くなってきます。毛抜きで処理をするとわかりますが、表面に1mm程度しか出ていない毛でも、抜くと1cm程度の長さになることがあります。表面だけツルツルにしても、皮膚の内部に毛が存在しているため、それが青く見えてしまうのです。毛根から処理する方法ならツルツルの肌にできます!毛根から処理する方法だと、完全にツルツルにすることができます。しかし、毛穴が盛り上がってきたり、埋没毛が発生したりするデメリットはあります。鳥肌状態になって肌がボロボロになるなど、自己処理はムダ毛処理の方法としては限界があるのです。また、毛抜きで処理するだけでは、どんなに長期間の処理を続けても毛質は変化しません。体毛を薄くするには、毛根に刺激を与えるしかないのです。家庭用の脱毛器は毛根に刺激を与えることができますが、パワーが弱いので顕著な効果は感じられないでしょう。脱毛剤を使用する場合も、肌に相当な刺激を与えてしまいます。お肌が丈夫なら問題ないでしょうが、敏感肌の方には向きません。お肌は年齢とともに弱くなるため、今は大丈夫でもずっと脱毛剤を使い続けるのは難しいです。脱毛で薄くなる方法として現実的なのは、エステサロンやクリニック脱毛です。プロの施術を受けることでジョジョに減毛を実感!サロンやクリニックなどのプロの脱毛処理は、処理を重ねるたびに減毛を実感できます。最初はすね毛、腕毛、ワキ毛などを処理する方が多いですが、効果を実感されると全身脱毛コースに移行されます。脱毛で薄くなるだけでなく、体臭を抑える効果を実感できることもあるでしょう。ムダ毛が生えていると、ツルツルの部位よりも蒸れが発生しやすく、臭いが強くなってしまうのです。デオドラント対策である程度は体臭を抑えることができますが、ムダ毛が濃いと完全に防げません。体臭を抑えるために大切なのは、何よりも汗を発生させないことにあります。臭い物質と汗が混じり合うことで体臭が発生するため、汗をブロックすればいいのです。ムダ毛を処理しておくと、汗が発生してもすぐに蒸発するため、蒸れが発生しにくいです。ワキ毛の処理をしたことのある方なら、処理後はワキの臭いと黄ばみが軽減する経験があるでしょう。ムダ毛処理は女性のケアだと思われていますが、体臭に関しては男性のほうが強いのです。体臭を抑える目的では、女性以上に男性のムダ毛処理は大切だと言えます。ただ、脱毛後にアルコールの摂取や運動などがダメだったりするので、ストレスを感じるかもしれませんが、我慢すれば素敵な肌を手に入れる事ができます。

Add a Comment
2. 脱毛の光は目に悪い?

脱毛器の中には光やレーザーを照射して脱毛をする機器があります。エステサロンやクリニックなどでよく用いられているのですが、こういった機器を利用して施術を行う際には、客側に必ず顔にタオルを掛けたり、ゴーグルを装着させますし、そして施術を行う側もサングラスや専用の眼鏡を装着するなどして対策を行っていますよね。なぜそのような対策を行うのかと言えば、それは目にとって良くない光だからです。そもそも脱毛をする際に利用する機器というのは黒い部分に反応する性質がありますので、もし目に向かって照射を行ってしまうと視力の低下を引き起こしてしまう恐れがありますし、最悪の場合は失明をしてしまう可能性もありますので、そういったリスクを回避する為にもしっかりと目を保護して施術を行う必要があるのです。サロンで実施している光対策!エステサロンなどを利用する場合ですと、必ず客側にはタオルやゴーグルなどを装着させてくれますので安心して施術を受ける事ができます。その為、専門の施設で脱毛を受ける際にはそれほど心配はしなくても良いのですが、問題なのは自分で脱毛をする場合ですね。家庭用脱毛器を使う時は最大の注意を!現在では家庭で利用できる脱毛器も多く登場しており、そして光やレーザーを用いて脱毛をするタイプが人気となっています。これらの機器は家庭用でありながら効果が高く人気があるのですが、効果が高い分、目に対する影響も大きくなっていると言えます。家庭用という事もあり気軽に活用してしまいがちですが、安全に使うように心掛けないと思わぬトラブルに見舞われてしまう恐れがありますので注意しなければいけません。また、家庭で脱毛をする場合ですと、誰も注意をしてくれる人がいないゆえにサングラスなどをせずに作業をする方もいるかもしれませんが、そういった気の緩みが危険ですので必ず付属のサングラスを掛けて行うように心掛けるようにしましょう。お子様がいる時は要注意してください!目に対する害があるのは事実ですが、ただそこまで敏感になる必要はありません。基本的には直視しなければ問題はないとされていますので、照射部分を直接見るような事がなければ害になるような事も無いのです。ですから正しく使用すればそれほど不安にならずとも利用する事ができると言えます。ただし、危険性を知らない子供がうっかり見てしまう可能性もありますので、子供がいる場合は注意しなければいけませんし、もし場所を離れるようならきちんと電源を切り、子供の手が届かないところへしまっておくようにしましょう。

Add a Comment
3. 美人はうなじ脱毛している!

両脇や両腕、両脚などに生えているムダ毛は自分の目ではっきりと見えるので、伸びてきたと思ったら、すぐにカミソリや除毛クリームで処理することが出来ます。しかし首の後ろの髪の毛の生え際の部分である襟足から、背中にかけての部分は、自分の目では見えないので、たとえ太くて濃い毛がたくさん生えていても、気づかないでそのままにしている人が少なくありません。自分では気づかなくても、列に並んだりしたときに、背後に立つ人には見られてしまいますから、うなじが毛深い女性だと誰にも思われたくないなら、美容外科や皮膚科などのクリニックで脱毛することをおすすめします。女優やファッションモデルのような、大勢の人に見られる仕事をしている人は、うなじにも気を使っているものなので、ツルツルの状態にしている方ばかりです。生まれつき毛が薄い人もいるかも知れませんが、脱毛を行った方が産毛までなくなるので、肌の透明感が増して、綺麗なうなじに見られます。うなじ脱毛をする際の流れ美人はうなじ脱毛をしているもので、まずはクリニックに予約を入れて、カウンセリングを受けることから始めましょう。カウンセリングではそれぞれの人の肌の状態や、毛量、毛質などを細かく調べてから、その人に合った脱毛プランを考えてくれるので、どれだけ太い剛毛や細い産毛であっても、綺麗に取り除いてなくすことが出来ます。医師や看護師のような人しか扱えない、医療レーザーという特別の機器を使って脱毛してくれるので、エステサロンでは取りきれなかった毛でも、見事になくして、すべすべの肌へと導いてくれます。その際、多少の痛みはあるのですが、医療機関ではどこも麻酔を使えるので、痛みが怖くて仕方がない人はカウンセリングの際に、麻酔を使ってくれるか、確認しておくことをおすすめします。麻酔さえ使ってもらえれば、うなじではもちろん、顔やデリケートゾーンの脱毛を行うときも痛くないので、安心して施術を受けることが出来るでしょう。医療レーザーはキャンペーン期間中を狙うとお得医療レーザー脱毛を行うと、ムダ毛が一本もない、綺麗なうなじになることが出来ますが、エステサロンに比べると、料金が高いので、施術を受けるときは、キャンペーン期間中を狙うようにしてください。期間中は10%OFFや20%OFFに下がったりするので、最小限の出費に抑えることが出来ます。他人に見せても恥ずかしくない肌にするためには、自己処理では無理なので、クリニックでプロに任せて、美しく仕上げてもらうようにしましょう。

Add a Comment
4. 脱毛後の運動はNG?

脱毛後は運動をしない方が良いと言われている事をご存知でしょうか。なぜ運動が良くないのかという理由がありますが、まず血行が良くなってしまうからですね。脱毛のやり方として光やレーザーを用いる方法がありますが、これらの施術をした後というのは皮膚が火傷のような状態になっている事があります。その状態で運動を行ってしまうと血行が良くなってしまい、脱毛をした部分にも熱を持ち、それによって痛みが出てしまったりかゆみやただれなどを発生させてしまう恐れがあるのです。なので湯船に浸かることもアルコールを摂取することも、血行を良くする行為は控えた方が良いでしょう。他にも気を付けたいポイント肌の露出に注意すること運動を行う際には肌を露出される事もあると思いますが、肌を露出するのも良くありません。脱毛をした後は皮膚のバリア機能が低下している状態でもありますので、その状態で露出をしてしまうと紫外線による影響を強く受けてしまう恐れがあります。脱毛箇所の肌状態が悪くなるのはもちろん、紫外線によってシミになってしまう事もありますので注意しなければいけません。肌を露出させない為に長袖長ズボンを着用すれば良いのかというと、それでも危険性があります。激しく動くような運動だったりすると線維と皮膚が擦れて刺激になる事がありますので、できるだけ大人しくしている事が大切になるのです。刺激性のコスメ用品の利用脱毛後は運動を控えるようにする事が大切ですが、他にも色々と注意すべき事があります。まずスキンケアの際に使用するベースラインによっては刺激になり肌トラブルの原因になる事がありますので、刺激性のコスメの利用は控えた方が無難です。ただ、脱毛後の肌は弱くなっており、保湿をしてケアをする事も大切ですので、刺激のないクリームなどを利用するのは良いと言えます。抑毛ローションや制汗剤スプレーの利用そういったグッズには化学物質が含まれている物が沢山ありますし、毛穴から化学物質が侵入して肌トラブルを発生させる可能性もゼロではありません。ですので数日間は利用しないように気を付けた方が良いでしょう。岩盤浴はNG前述したように血行を良くするとあまり良くない事がありますので岩盤浴も控えた方が良いと言えます。血流を良くし過ぎるのは脱毛箇所に良くない事がありますし、また汗に含まれている雑菌によって炎症などを発生させる事もありますので注意が必要です。ムダ毛の処理をした後は何かと我慢すべき事がありストレスになるかもしれませんが、肌トラブルに悩まされない為のポイントでもありますので意識してみる事が大切です。

Add a Comment
5. 脱毛でお肌に赤みが出てしまったら?

体のあちこちにムダ毛が生えていると、それをいちいち処理しなければならないので、夏は面倒で仕方がないと感じている人は少なくありません。しかし女性がそのままにしているのは格好悪いので、ムダ毛が伸びるたびに処理しなければなりませんが、うなじや顔の産毛をカミソリで剃ると、あとで赤みが出来たり、毛穴が開いた状態になるので悩んでいる方もあるでしょうね。ムダ毛を剃ったり抜いたりすると、肌への刺激が強すぎるので、赤みを帯びたり、吹き出物が出来て、跡が残ったり、色素沈着を起こして、黒ずんだ肌のようになってしまうこともあります。真っ赤な斑点だらけになってしまうこともあるので、そんな肌になったら、恥ずかしくて人前に出すことは出来ないでしょう。自己処理後に肌トラブルが起きた場合は、保湿ローションで潤いを与えたり、冷却材や冷たいタオルで冷やすのが一番ですが、それでも治らないときは、皮膚科の先生に診てもらい、薬を処方してもらうようにしてください。それが一番早く治す方法なので、跡を残したくない場合は、特に気を付けるようにしましょう。美肌のまま脱毛したいなら専門の機関で脱毛しましょう!美肌はそのままで、ムダ毛だけをなくしたいという方は、エステサロンやクリニックで脱毛の施術を受けるようにしてください。エステではフラッシュ脱毛、クリニックでは医療レーザー脱毛という方法で施術を行いますが、どちらも自己処理するよりは、肌に優しい方法でムダ毛を処理できるのでおすすめです。エステのフラッシュ脱毛の場合は、光照射を浴びても、ほとんど痛みを感じないうえ、一回の施術は短時間で終わるので、気軽に通うことが出来ます。どちらかといえば、クリニックで行う医療レーザー脱毛の方が本格的な施術なので、毛根に強いダメージを与えられますし、すべすべの肌を長持ちさせられるので、高い満足度を得られます。ただし痛みがあるので、それが苦手な方は麻酔を使ってもらうようにしてください。専門の機関による脱毛後の赤みについてエステもクリニックも、施術の直後は肌が赤みを帯びていることもありますが、時間が経てば治るので、それほど気にする必要はありません。早く赤みを抑えたい場合は、冷却材や冷たいタオルでしばらく冷やせば治まるでしょう。ごくまれになかなか症状が治まらない人もいますから、いざというときのことを考え、敏感肌やアトピー肌の人の場合は、ドクターサポート付きのエステやクリニックに行った方が良いですね。クリニックなら、その場で治療を受けられますし、薬もすぐに処方してくれるので、たとえ赤みや湿疹、吹き出物が出来るようなことがあっても、それ以上の悪化を防げます。

Add a Comment
6. 全身脱毛を体験!!

男性女性に関わらず、全身には毛が生えています。女性は男性よりは薄いですが、細かい産毛が多く生えている場合もあれば濃い毛が生えていることもあります。女性で全身に濃いめの産毛などが生えている場合はコンプレックスを感じて全身脱毛を考えることもあります。全身脱毛の特徴は、広範囲の脱毛が可能です。全身脱毛という名称から全身くまなく脱毛をやるかというと、多くの脱毛サロンでは顔の脱毛は全身の脱毛に含まれていないことが殆どです。そのため、全身脱毛というと首からしたのムダ毛の脱毛と考えます。VラインなどのVIO脱毛は、首から下になるため、全身の脱毛コースに含まれていることは多いです。料金については、月額コースや数回通うコースなどがあります。月額コースはどこのサロンでも1万円程度の料金設定です。いつでも脱毛を止めることができるメリットもあったりと手軽に利用することができることが特徴的です。数回施術に通うコースは、クレジットカードや分割払いが可能な脱毛サロンもあるため、一括で支払いできない場合には便利です。どちらのコースがよいかは、ライフスタイルや施術に行ける期間や時間にもよります。短期的に全身を脱毛したい場合には月額コースで、忙しく毎月通うことが難しい場合には、保証なども約束されている回数コースが良い選択です。 それでは!!口コミの評価を公開します!自分ではちゃんと処理したつもりでも、数日後にはもう元通りに生えている全身のムダ毛がとてもストレスでした。全身脱毛は費用がかかるイメージでしたが、以前と比べると大分料金が安くなってきたので思い切って施術をお願いしました。施術完了後は自己処理する必要がなくなり、常にツルスベ肌でいられるので嬉しいです。★★★★★ 38歳 ふかきょん最初は、全身脱毛って時間がかかって面倒くさそう、と思っていましたが、今は始めて良かった!と思っています。ムダ毛が無くなったので、一年中いつでも人前で肌を露出することができます。特に夏は半袖もラクラク着られて快適です!★★★★ 34歳 かしっち若い頃は、脱毛にお金をかけるのがもったいなく感じて、自己処理を続けていました。でもどんどんムダ毛が濃くなって目立つので、ついにサロンでの全身脱毛を決意しました。楽だし、生えてくる毛も薄く目立たない。お肌も透明感がでてきたみたいに綺麗になりました。もっと早くすればよかったと、後悔しています。★★★★ 43歳 しんじょう全身脱毛をしましたが施術中寒かったので不満に感じました。スタッフは優しく声かけを行ってくれたりして過ごしやすかったのですが、寒ささえなければ満足できたのにと思います。ムダ毛はしっかりと無くすことができたのでよかったです。★★★ 28歳 なな全身脱毛に通い始めて、少しづつ効果が出ています。まだ自己処理無しでは人前に出るのは恥ずかしいけれど、施術前に比べると薄くなってきているのがわかります。私は毛深いので、その分効果が出るのに時間がかかるようです。★★★ 31歳 あっきーな全身脱毛をしたくてサロンに通い始めたのですが、なんだか自分が思っていた全身と違い、納得する施術をしてもらえていないので不満です。料金も結構するし、これならもう契約を破棄して、他のサロンに通うかと考えています。★ 28歳 ひめちゃん全身脱毛を行って、ムダ毛が無くなりお肌がツルツルになりました。脱毛前は、ムダ毛が気になって夏でも肌を隠す格好ばかりしていましたが、おかげさまで今ではノースリーブやショートパンツも楽しめます。自己処理しなくていいので、いつでも好きな洋服が着られるのが嬉しいです。★★★★★ 29歳 かのたん

Add a Comment
7. 主婦にも通いやすい全身脱毛

専業主婦等は非常に普段は忙しく生活していることが多いです。掃除に洗濯に料理に片付けに育児と、まさに一家を支える妻や母というのは片時も休まる暇がないものなのです。しかし!主婦でも綺麗でいたい・・!綺麗な状態にいつも保つことが出来てこそ、夫等からもいつまでも愛されるようになるわけですし、子供達から見ても憧れの綺麗なお母さんでいられるのです。特に全身脱毛の施術を受けたいと思っている方は非常に多いんです!しかし全身脱毛の施術というのは忙しい妻や母が十分に通うことが出来るものなのでしょうか。時間的に余裕がある人でなければ全身脱毛の施術を受けることが出来ないと勘違いしている人というのは、世間に意外と沢山いるものなのですが、全身脱毛の施術は実は忙しい人であっても無理なく通えることがほとんどなのです。一体どういうこと?まず誤解している人も非常に多いですが、エステサロン等で行われている全身脱毛の施術というのは何も契約したら毎日毎日通わなければいけないといった類のものではなく、予め予約した日に数か月に一回のペースで通えばいいものなのです。数か月に一回サロンに通うだけでよく、更に土日も営業しているサロンが多いですので、忙しい人も無理なく通うことが出来るというわけなのです。更に何か月も前から予約をした日に万が一他の用事等が入って行けなくなってしまったというような場合でも、電話一本で簡単に変更やキャンセル等が出来るので大変便利なのです。なので自宅で自己流でムダ毛を処理するよりも、よほど時間がかからないものなのです。もしも自宅で自己処理で永遠にムダ毛を処理し続けるというのであれば、一体生涯でどれだけの時間を無駄にするのか分かったものではありません。どうせ時間を使うのならば不確実で効果も中途半端にしか得られない自己処理をするよりも、思い切ってエステサロンと契約してプロのスタッフにムダ毛処理をしてもらうべきなのです。自宅でのムダ毛処理時間がなくなる!つまり!自由な時間を増やせるということ!エステサロンで全身脱毛の施術をしてもらう場合、自宅に帰ってから自分で何かムダ毛処理の為にやらなければいけないこともほとんどありません。せいぜい保湿クリームを毎日塗る程度の負担で済むのです。なので忙しい主婦であってもほとんど時間をとられることなく、美しい肌を手に入れることが出来るのです。もちろんお金を払う必要はありますが、美しくなる為なら少し位の出費は痛くないのです。

Add a Comment
8. 全身脱毛は学生にも人気

エステサロンといえば大人のイメージ全身脱毛の施術というのは、働いている会社員やオフィスレディー等といった大人の女性がよく受けるものというイメージを世間一般の多くの人達は持っています。そしてそれは無理もありません。何故なら全身脱毛の施術というのは通常は何十万円も費用がかかるものである為、ある程度経済力のついた大人の女性でなければ受けることが出来ないからです。しかし!最近では全身脱毛は大学生等にも人気があるものとなっています。むしろ学生だからこそ全身脱毛の施術が人気があるということも言えます。一体どういうこと??もう既に社会に出て働き始めている大人の女性と比べて学生等の若い女性というのは、とにかく同年代の仲間達と美容について競い合ったり、持っているアイテム等について競い合ったりする傾向にあります。つまり自分よりも良いブランドアイテムを身に着けている同年代の仲間のことはどうしても気になってしまうし、自分よりも先にコンプレックスを克服した同年代の仲間のことはどうしても意識をしてしまうというわけなのです。更に学校等でもこれらの若い人々はよく競うようにして美容やブランドアイテム等についての会話を繰り広げています。だからこそ常に同年代の他の仲間よりも一歩進んだ存在でいたい、このように思う若者がとても多いのです。全身脱毛の施術についても同じことが言えます。普通はなかなかそれ位のまだ社会にも出ていない若者がエステサロンと契約してムダ毛の処理を完了させたなんてことはあまりないのですが、あえて頑張ってそれをすることで少しでも同年代の他の仲間達と比べて自分が優位に立つことが出来ると思っているので、ついつい契約をしてしまうのです。もちろん未成年であっても保護者の同意があれば簡単に契約することが出来ます。お金は一体どうやって支払っていくの?まずほとんどの場合がやはり保護者にお金を出してもらっています。出世払いの約束で出してもらう人もいれば、誕生日のプレゼント代として出してもらう人もいますし、実に様々です。もしも親が出してくれない場合は自分でアルバイトを探して働いてある程度のお金が貯まったら契約するという人が多いです。このように若い世代の人々であっても工夫次第でいくらでも全身脱毛の施術を受けることは出来てしまうわけです。美しくなりたいと思う気持ちに年齢は関係ないのですね。

Add a Comment
9. 全身脱毛サロンは通いやすさで選ぼう

全身脱毛サロンを利用する際、そのサロン選びのポイントになるのはその店舗がどれだけ通いやすいかという点ではないでしょうか。とはいっても、その通いやすさのポイントは人それぞれ異なってくるので一概に言う事はできません。ですが、より多くの人がチェックするポイントとしてあげられるものは限られています。3つの選び方ポイント!!立地的なポイント立地的な問題で主要駅の近くであったり、自宅や勤務先、学校の近くであること、スタッフの雰囲気が良く勧誘がないこと、そして施術の予約が取りやすいことといったポイントです。立地的なポイントで言えば、やはり移動がしやすいところ、頻繁に施術があっても通いやすいところを選ぶのがセオリーというものです。変に自宅や勤務先から離れているところでは、全身脱毛サロンのように複数回通う必要がある場合には不便な点が多くなるのです。勧誘の有無やはりサロンの中には勧誘がしつこく、こちらがその誘いに断るとあからさまに態度を変えるスタッフがいるところもあります。残念なことではありますが、やはりスタッフにもノルマがありますから人によっては執拗な勧誘をして成績を上げていこうとするケースもあるのです。せっかく気持ちよく脱毛施術をうけようと思っているというのに、こういった勧誘があればただただ気分が悪くなるだけです。予約の取りやすさ全身脱毛サロンは先にも述べたように複数回の施術を繰り返して行っていく必要があるため、施術のたびに次回の施術予約を入れていく流れになっていきます。その際、比較的予約が取りやすいサロンであれば自分の予定と毛周期、つまりムダ毛の生え変わりのタイミングに合わせて次回施術の日取りを決めていくことができます。ですが、それが出来ないサロンの場合、どうしても毛周期とは関係なく施術が勧められていくことになるので、どうしてもその脱毛効果を高めていくことが出来ないのです。時には予約が取れにくくて脱毛が完了するまでに年単位の期間がかかってしまうなんてサロンもあるので注意が必要です。ま と め全身脱毛サロンを選ぶ際にはより通いやすい店舗を選ぶ、さらにそのポイントとしてはこれら3つの点を重点的にチェックしていくことをおすすめします。各サロンのホームページの他、様々な比較サイトや口コミをサイトを活用して調べていくとよりスムーズに調査が可能です。この3つさえ押さえておけば、より自分の好みに合った、そして通いやすいサロンを見つけることが出来るのではないでしょうか。

Add a Comment
10. 全身脱毛サロンおすすめランキング

脱毛サロンでも、近年では全身脱毛を専門に行っているサロンも増えてきました。たくさんある全身脱毛サロンは、どこに通っても同じというわけではありません。それぞれに違ったサービスが行われており、脱毛を目的として通うのですから効果が一番に求められるところですが、その他にもスタッフの質や店内の雰囲気、肌の手入れの方法や通う回数、料金などは人によって評価の仕方も違ってきます。全身脱毛サロンおすすめランキングなどもネットで簡単に見ることができて比較検討をすることもできますが、自分に合ったサロンを見つけてみてはいかがでしょうか。全身脱毛サロンでは、使用している機種が違うことも多いものです。サロンオリジナルで開発した機種を使用しているというところもあります。また、施術後に行われる肌の手入れ方法もそれぞれ違ってきます。光脱毛は、強い光を肌に浴びた熱から肌が乾燥しているものであり、施術後の肌の手入れをしっかりすることで脱毛効果も変わってくるため保湿が重要になります。各サロンでは、コラーゲンやヒアルロン酸、プラセンタなどサロンオリジナルの化粧品類が用意されています。また、サロンによっては自分の肌の悩みから化粧品類の選択ができるところもあります。脱毛は、毛の周期に合わせて二か月に一度施術を受けるというのが一般的です。一回で全身の施術を受けるのであれば二か月ごとに通えばいいということになりますが、サロンによっては一回で全身をやってもらえないということもあります。上半身と下半身を分けて行っているサロンであれば一か月に一度通う必要があり、また体の1/4ずつなら半月に一度受けることになります。また、サロンによっては基本的に通う周期が決められていても、オプションで回数を減らして一回に行う施術範囲を広げることもできます。忙しい人や通うのが面倒だという人であれば二か月に一度だけ通うのはとても便利ですが、全身を処理するということは時間がかかるということでもあり、長時間にわたって横になっているのは苦痛だという人もいます。仕事帰りに会社の近くのサロンによって脱毛を受けていきたいと考えているのであれば、月二回まめに通わなくてはならないとしても短時間で終わるので向いています。ま と め全身脱毛は、料金や脱毛効果だけで良し悪しを評価することはできません。サービス全体を考えて、より自分に向いている全身脱毛専門サロンを選んでみてはいかがでしょうか。

Add a Comment
11. Taking a Rest

The Publishing Spot is taking an indefinite vacation.

While I won't be posting here for awhile, I just started blogging for the good folks at GalleyCat. And, as always, my personal site is loaded with content. Stop by both places and say hello!

It's been three years of non-stop content, and I just want to say thank you to everyone who kept this little writing community going. Until we return, the archives and comments are still open, so feel free to explore. Here is some of my favorite content from the past three years...

Up top, you have my video coverage of the 2007 National Book Awards. We'll be back there again this year.

Check out how Janice Erlbaum literally walked us through her memoir.

Screenwriter Allen Rucker taught us about writing for television, movies and memoirs.

Novelist DeLauné Michel showed us how acting can help your writing.

Richard Grayson explained how he used Print-On-Demand Publishing to save his novels.

Sam Douglas gave us Real Advice from a Real Fiction Editor.

Robert Boynton taught us How To Survive as a Freelance Writer.

Then watch Best Literary Friends Forever, a video featuring our special journalist guests, Kate Torgovnick and Joie Jager-Hyman.

Then there's journalist Jeff Gordinier explaining how he built his magazine writing career and wrote a book.

Don't forget when Jeffrey Yamaguchi Explained How To Write Your Book At The Dayjob.

And remember how Felicia Sullivan talked about her memoir.

Or when Novelist Ed Park showed us how to write office satire and really, really long sentences.

And Susan Henderson taught us How To Beat Writer's Block.

Then Jeff Gordinier Showed You How To Promote Your Book.

And finally, Tony D'Souza taught us The Fine Art of the Action Scene

 

Add a Comment
12. Taking a Rest

The Publishing Spot is taking an indefinite vacation.

I just started blogging for the good folks at GalleyCat. And, as always, my personal site is loaded with content. Stop by both places and say hello!

It's been three years of non-stop content, and I just want to say thank you to everyone who kept this little writing community going. Until we return, the archives and comments are still open, so feel free to explore. Here is some of my favorite content from the past three years...

Up top, you have my video coverage of the 2007 National Book Awards. We'll be back there again this year.

Check out how Janice Erlbaum literally walked us through her memoir.

Screenwriter Allen Rucker taught us about writing for television, movies and memoirs.

Novelist DeLauné Michel showed us how acting can help your writing.

Richard Grayson explained how he used Print-On-Demand Publishing to save his novels.

Sam Douglas gave us Real Advice from a Real Fiction Editor.

Robert Boynton taught us How To Survive as a Freelance Writer.

Then watch Best Literary Friends Forever, a video featuring our special journalist guests, Kate Torgovnick and Joie Jager-Hyman.

Then there's journalist Jeff Gordinier explaining how he built his magazine writing career and wrote a book.

Don't forget when Jeffrey Yamaguchi Explained How To Write Your Book At The Dayjob.

And remember how Felicia Sullivan talked about her memoir.

Or when Novelist Ed Park showed us how to write office satire and really, really long sentences.

And Susan Henderson taught us How To Beat Writer's Block.

Then Jeff Gordinier Showed You How To Promote Your Book.

And finally, Tony D'Souza taught us The Fine Art of the Action Scene

 

Add a Comment
13. Taking a Rest

The Publishing Spot is taking an indefinite vacation.

I just started blogging for the good folks at GalleyCat. And, as always, my personal site is loaded with content. Stop by both places and say hello!

It's been three years of non-stop content, and I just want to say thank you to everyone who kept this little writing community going. Until we return, the archives and comments are still open, so feel free to explore. Here is some of my favorite content from the past three years...

Up top, you have my video coverage of the 2007 National Book Awards. We'll be back there again this year.

Check out how Janice Erlbaum literally walked us through her memoir.

Screenwriter Allen Rucker taught us about writing for television, movies and memoirs.

Novelist DeLauné Michel showed us how acting can help your writing.

Richard Grayson explained how he used Print-On-Demand Publishing to save his novels.

Sam Douglas gave us Real Advice from a Real Fiction Editor.

Robert Boynton taught us How To Survive as a Freelance Writer.

Then watch Best Literary Friends Forever, a video featuring our special journalist guests, Kate Torgovnick and Joie Jager-Hyman.

Then there's journalist Jeff Gordinier explaining how he built his magazine writing career and wrote a book.

Don't forget when Jeffrey Yamaguchi Explained How To Write Your Book At The Dayjob.

And remember how Felicia Sullivan talked about her memoir.

Or when Novelist Ed Park showed us how to write office satire and really, really long sentences.

And Susan Henderson taught us How To Beat Writer's Block.

Then Jeff Gordinier Showed You How To Promote Your Book.

And finally, Tony D'Souza taught us The Fine Art of the Action Scene

 

Add a Comment
14. What Do Young, Anxious Writers Need To Know Right Now?

alana%20taylor.jpgWhat would you tell this young, anxious student about the future of journalism?

Over at MediaShift, a New York University undergraduate journalism student Alana Taylor (studying, coincidentally, where I teach) wrote a critical essay about the online aspects of her education. Her essay was custom-built to stir up controversy (and boy, did it ever), but we should all check it out:

"[The professor] informs us that people actually get paid to blog. That they make a living off of this. For me this was very much a “duh” moment and I thought that it would be for the rest of the students as well. They should be fully aware at this point that blogging has become a very serious form of journalism. Furthermore, they should be aware that it is the one journalistic venture that requires little or no ladder-climbing."

Honestly, .0000001 percent of all writers actually support themselves completely online, and I am frank with all my students about that fact--and I give them suggestions about ways to cobble together more online experience with web writing, citizen journalism tools, and webby-videos.

Young writers are seeking answers to questions that won't be answered for another 50 years until after all the dust from digital publishing has settled. In the meantime, what's your advice to young writers? Chime in, and I'll collect the answers in a post this week.

 

Add a Comment
15. What Do Young, Anxious Writers Need To Know Right Now?

alana%20taylor.jpgWhat would you tell this young, anxious student about the future of journalism?

Over at MediaShift, a New York University undergraduate journalism student Alana Taylor (studying, coincidentally, where I teach) wrote a critical essay about the online aspects of her education. Her essay was custom-built to stir up controversy (and boy, did it ever), but we should all check it out:

"[The professor] informs us that people actually get paid to blog. That they make a living off of this. For me this was very much a “duh” moment and I thought that it would be for the rest of the students as well. They should be fully aware at this point that blogging has become a very serious form of journalism. Furthermore, they should be aware that it is the one journalistic venture that requires little or no ladder-climbing."

Honestly, .0000001 percent of all writers actually support themselves completely online, and I am frank with all my students about that fact--and I give them suggestions about ways to cobble together more online experience with web writing, citizen journalism tools, and webby-videos.

Young writers are seeking answers to questions that won't be answered for another 50 years until after all the dust from digital publishing has settled. In the meantime, what's your advice to young writers? Chime in, and I'll collect the answers in a post this week.

 

Add a Comment
16. What Do Young, Anxious Writers Need To Know Right Now?

alana%20taylor.jpgWhat would you tell this young, anxious student about the future of journalism?

Over at MediaShift, a New York University undergraduate journalism student Alana Taylor (studying, coincidentally, where I teach) wrote a critical essay about the online aspects of her education. Her essay was custom-built to stir up controversy (and boy, did it ever), but we should all check it out:

"[The professor] informs us that people actually get paid to blog. That they make a living off of this. For me this was very much a “duh” moment and I thought that it would be for the rest of the students as well. They should be fully aware at this point that blogging has become a very serious form of journalism. Furthermore, they should be aware that it is the one journalistic venture that requires little or no ladder-climbing."

Honestly, .0000001 percent of all writers actually support themselves completely online, and I am frank with all my students about that fact--and I give them suggestions about ways to cobble together more online experience with web writing, citizen journalism tools, and webby-videos.

Young writers are seeking answers to questions that won't be answered for another 50 years until after all the dust from digital publishing has settled. In the meantime, what's your advice to young writers? Chime in, and I'll collect the answers in a post this week.

 

Add a Comment
17. Surface Tension: Weekend Poems

The Trouble with PoetryAs you sneak away for the weekend, take some poetry with you.

The Bluestocking book blog has a great post about poet Billy Collins and his poem-a-day project for high school students. There's an inspiring collection of poems on that website, they can turn your writing upside down if you read them carefully.

Don't believe me? Try it yourself. Here's a line from Herd Of Buffalo Crossing The Missouri On Ice by poet William Matthews. These images will boggle your brain:

“If dragonflies can mate atop the surface tension / of water, surely these tons of bison can mince / across the river”

 

Add a Comment
18. Surface Tension: Weekend Poems

The Trouble with PoetryAs you sneak away for the weekend, take some poetry with you.

The Bluestocking book blog has a great post about poet Billy Collins and his poem-a-day project for high school students. There's an inspiring collection of poems on that website, they can turn your writing upside down if you read them carefully.

Don't believe me? Try it yourself. Here's a line from Herd Of Buffalo Crossing The Missouri On Ice by poet William Matthews. These images will boggle your brain:

“If dragonflies can mate atop the surface tension / of water, surely these tons of bison can mince / across the river”

 

Add a Comment
19. One Post Blogs Versus Ten Year Blogs

Personal Days: A NovelWhat have you left behind on the Internet? As writers tumble through the world wide webs, we leave behind thousands of old links and long lost stories.

Novelist Ed Park--meet him at The Publishing Spot Library--is exploring one-post blogs. It's haunting to check out these lost sites that began and ended on the same day. Check it out:

"Blogs that only lasted for one post, #1: Time for a Midwestern Culture Shock."

On the other side of the coin, novelist John Scalzi is revisiting ten years of amazing content on his blog. This essay comes from very early in his writing career, a reminder to all fledgling writers about what it takes to succeed. Check it out:

"I try to be honest with myself regarding “working on the novel.” If I’m actually writing, then I’m working on the novel; if I’m not writing, then I’m not working on the novel ... If you want to write a novel, don’t “work” on it — write the thing."

 

Add a Comment
20. Publishing Spotted: Spam and Drink

Out of the millions of book blogs and writing-help websites, you have to dig pretty deep to find practical advice. Luckily, Joshua Henkin, author of Matrimony, is once again guest blogging on Mark Sarvas's site. Tune in every day for his straight-ahead thoughts:

"I'm always reminding my students to vary their cadences, that too much repetition is numbing. They'll give me a sentence with three great images, but what they don't understand is that those images are competing with each other and are therefore lessening the effect of the sentence: too much meat in the can and you get Spam"

And, if the hunt for meat and Spam is driving you mad, you might need a drink. If you need help with that, the New York Post has a great article about writers and booze, complete with some tasty cocktail recipes.

Publishing Spot alum Janice Erlbaum (you can find out more about her memoir in that video) weighed in with this tasty beverage:

"The key lime martini; it's vanilla vodka with lime juice and a little cream. Some places will even put a graham cracker crust around the rim ... I have a sentimental attachment to it. But I also have a taste-bud attachment. It's girlie, and I like that in a drink. The glass balances so elegantly in one's little fingers. The drink is twee, but writers are twee, so I'm allowed."

 

Add a Comment
21. Publishing Spotted: Spam and Drink

Out of the millions of book blogs and writing-help websites, you have to dig pretty deep to find practical advice. Luckily, Joshua Henkin, author of Matrimony, is once again guest blogging on Mark Sarvas's site. Tune in every day for his straight-ahead thoughts:

"I'm always reminding my students to vary their cadences, that too much repetition is numbing. They'll give me a sentence with three great images, but what they don't understand is that those images are competing with each other and are therefore lessening the effect of the sentence: too much meat in the can and you get Spam"

And, if the hunt for meat and Spam is driving you mad, you might need a drink. If you need help with that, the New York Post has a great article about writers and booze, complete with some tasty cocktail recipes.

Publishing Spot alum Janice Erlbaum (you can find out more about her memoir in that video) weighed in with this tasty beverage:

"The key lime martini; it's vanilla vodka with lime juice and a little cream. Some places will even put a graham cracker crust around the rim ... I have a sentimental attachment to it. But I also have a taste-bud attachment. It's girlie, and I like that in a drink. The glass balances so elegantly in one's little fingers. The drink is twee, but writers are twee, so I'm allowed."

 

Add a Comment
22. One Post Blogs Versus Ten Year Blogs

Personal Days: A NovelWhat have you left behind on the Internet? As writers tumble through the world wide webs, we leave behind thousands of old links and long lost stories.

Novelist Ed Park--meet him at The Publishing Spot Library--is exploring one-post blogs. It's haunting to check out these lost sites that began and ended on the same day. Check it out:

"Blogs that only lasted for one post, #1: Time for a Midwestern Culture Shock."

On the other side of the coin, novelist John Scalzi is revisiting ten years of amazing content on his blog. This essay comes from very early in his writing career, a reminder to all fledgling writers about what it takes to succeed. Check it out:

"I try to be honest with myself regarding “working on the novel.” If I’m actually writing, then I’m working on the novel; if I’m not writing, then I’m not working on the novel ... If you want to write a novel, don’t “work” on it — write the thing."

 

Add a Comment
23. Surface Tension: Weekend Poems

The Trouble with PoetryAs you sneak away for the weekend, take some poetry with you.

The Bluestocking book blog has a great post about poet Billy Collins and his poem-a-day project for high school students. There's an inspiring collection of poems on that website, they can turn your writing upside down if you read them carefully.

Don't believe me? Try it yourself. Here's a line from Herd Of Buffalo Crossing The Missouri On Ice by poet William Matthews. These images will boggle your brain:

“If dragonflies can mate atop the surface tension / of water, surely these tons of bison can mince / across the river”

 

Add a Comment
24. Publishing Spotted: Spam and Drink

Out of the millions of book blogs and writing-help websites, you have to dig pretty deep to find practical advice. Luckily, Joshua Henkin, author of Matrimony, is once again guest blogging on Mark Sarvas's site. Tune in every day for his straight-ahead thoughts:

"I'm always reminding my students to vary their cadences, that too much repetition is numbing. They'll give me a sentence with three great images, but what they don't understand is that those images are competing with each other and are therefore lessening the effect of the sentence: too much meat in the can and you get Spam"

And, if the hunt for meat and Spam is driving you mad, you might need a drink. If you need help with that, the New York Post has a great article about writers and booze, complete with some tasty cocktail recipes.

Publishing Spot alum Janice Erlbaum (you can find out more about her memoir in that video) weighed in with this tasty beverage:

"The key lime martini; it's vanilla vodka with lime juice and a little cream. Some places will even put a graham cracker crust around the rim ... I have a sentimental attachment to it. But I also have a taste-bud attachment. It's girlie, and I like that in a drink. The glass balances so elegantly in one's little fingers. The drink is twee, but writers are twee, so I'm allowed."

 

Add a Comment
25. One Post Blogs Versus Ten Year Blogs

Personal Days: A NovelWhat have you left behind on the Internet? As writers tumble through the world wide webs, we leave behind thousands of old links and long lost stories.

Novelist Ed Park--meet him at The Publishing Spot Library--is exploring one-post blogs. It's haunting to check out these lost sites that began and ended on the same day. Check it out:

"Blogs that only lasted for one post, #1: Time for a Midwestern Culture Shock."

On the other side of the coin, novelist John Scalzi is revisiting ten years of amazing content on his blog. This essay comes from very early in his writing career, a reminder to all fledgling writers about what it takes to succeed. Check it out:

"I try to be honest with myself regarding “working on the novel.” If I’m actually writing, then I’m working on the novel; if I’m not writing, then I’m not working on the novel ... If you want to write a novel, don’t “work” on it — write the thing."

 

Add a Comment

View Next 25 Posts